ルプラックでむくみゼロ!

ゼロの数字を指差している様子
「足がパンパンでヒールがきつい!」「朝起きたら顔がむくんでた」と、いつ起こるか分からないむくみ。
なかなか治らないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな方に朗報です!むくみはお薬で改善できます。それがむくみ改善の効果があるルプラック!
今回は、ルプラックの効果についてご紹介しましょう。

ルプラックは利尿剤
ルプラックは、ループ利尿薬に分類される利尿剤です。
むくみ改善に有効な成分であるトラセミドが含まれているお薬。トラセミドは、肝臓の尿細管にあるヘンレループという部分に作用し、塩分と水分の取り込みを阻害する効果があります。

過剰な塩分や水分がなくなることむくみを改善するんです。ルプラックを服用後は普段よりも尿量が増えるので、いつでもトレイに行ける状態での使用がおすすめです。

塩分の吸収が阻害されるため、低ナトリウム血症や低カリウム血症の方は使用できません。また妊婦や乳児に使用すると電解質のバランスが崩れたり、脱水症を起こしたりする可能性が高いため注意しましょう。

肝性・心性・腎性浮腫に効果アリ!
病気の良症状としてむくみが現れる場合もあるため、肝硬変や心不全、腎不全などの病気には注意が必要です。

ルプラックは、肝硬変で肝機能が低下で起こる肝性浮腫、心不全で心機能低下で起こる心浮腫、腎臓機能低下で起こる腎性浮腫に効果があります。

むくみを改善に有効ですが、病気そのものを治療するお薬ではありません。肝硬変や心不全など、むくみの原因である病気を治療することが先決です。
ひどいむくみで悩んでいる方は、医師の診察をオススメします。