意外に知らない!?むくみの原因とは?

スーツを着ている女性がふくらはぎに手を当てている様子
「朝起きると顔がパンパン!」「足が太くなったような…」と感じたことはありませんか?
それはむくみかもしれません。
すぐに解消すつことが困難なため、太くなった足を隠すような洋服を選んだり、マスクつけたり女性にとっては避けたい症状です。むくみとは水分が原因で顔や足が太くなる症状をいいますが、原因を知らない方も多いのではないでしょうか?

今回は女性の敵であるむくみについてご紹介します。

むくみの原因は水分!
「身体の6割は水分でできている」と聞いたことがある方も多いはず。
体内水分の3分の2は細胞の中に含まれる細胞内液で、残りの3分の1が血液に含まれる水分や細胞と細胞の間を埋めている「細胞外液」です。

細胞外液には、細胞に栄養を送ったり老廃物を除去したりする役割があります。細胞や血管を行き来して、体内の水分バランスを保っているんです。
しかし何らかの理由で水分バランスが崩れ、細胞の間に水分が溜まるとむくみにつながります。溜まった水分を除去しなければむくみは解消できません。

水分が溜まる原因はいろいろある
水分が溜まってしまう理由は、塩分の取りすぎや飲酒などひとつではありません。
たとえば血流の低下が原因で起こる場合も。デスクワークの人が、夕方になるとむくみが現れることはよくあると思います。下半身を動かさずにいると、血液に含まれる水分が循環できず足に溜まってしまいむくみが起きるんです。

また塩分のとりすぎやでむくんでしまうことも。身体が体内の塩分濃度を薄めようとして水分を溜めこんでしまいます。

アルコールも血管を拡張して血管から水分が漏れだすので気を付けましょう。

ほかにも病気の症状として、むくみが現れることもあります。気になる方は一度、医師に相談しましょう。